読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HANAUTAの実験室へようこそ

〜「できない」を「できた!」に変えるために〜

2ndセッション

f:id:hanauta-lab:20161017020748j:plain

1stセッションについて書かないままに2ndセッションが来てしまいました。

ま、そんなもんですね。後からなんて言ってたら、結局こうなるのですよ(汗)

 

サンプルセッションを合わせると、今日で3回目。

毎回、泣いています。恥ずかしい。(コーチにいじめられている訳でありません 笑)

わたしにとって泣くという事は、大事な核心の部分に触れているという事なのでセッションとして正解なのですが、しんどい作業でもあります。しんどいので、セッションの日が近づくと逃げ出したくなるのですよ。今日の自分、よく逃げなかったなぁ。

 

さて、今日は仕事についてのモヤモヤを話しました。

自分の仕事のやり方を否定さた気がして、悲しかった出来事を振り返ってみたり。

これからどうしたいのか、何を大切にしていくのかを確認したり。

始まるまではすごく不安でしたが、終わってみれば有意義なセッションになっていました。コーチがうまく自分の中の答えを引き出してくれて、綺麗にまとめてくれるので、終わった後はスッキリします。いつもすごいなーと思います。

 

普段、仕事ばっかりしているわたしがその仕事を否定されたらどれだけやるせないか。でも否定されても妥協できないわたしは、このままのやり方を続けることにしました。否定した人との間には心の中で線を引くことで、折り合いをつけました。

その人が嫌いになった訳ではないので普通に接しますが、わたしの大事にしていることを理解してもらえないのなら、わたしの大事なテリトリーには入れません。

 

コーチングは自分発見のチャンス。今日発見した自分は『排他的』でした。

『排他的』ってマイナスなイメージがしますが、何だか気に入ってしまいました。たぶん、他人が嫌いだからではなく、自分を守るためなのが理由だからです。自分の弱さと大切にしていることを守るために、排他的なのです。

あ、『頑固』とか『こだわり』とかもあります。簡単に言えばめんどくさい人です(笑)

そんなめんどくさい自分が好きです。

 

さー明日も仕事がんばろ!