読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HANAUTAの実験室へようこそ

〜「できない」を「できた!」に変えるために〜

FeBeで車通勤中に読書しちゃう♪

最近のお楽しみは、通勤時間に耳で読書する事です♪

わたしは片道約20分の車通勤をしています。

往復40分×週5日=200分(約3時間)

この時間を活用できたらいいな、と思っていました。

今までは好きな音楽を聴いたり考え事に使ったりしていたのですが、FeBeを使うと読書ができる!と知ったのです。

FeBeとは【本を耳で聴く】オーディオブック配信サービスの事です。

www.febe.jp

読書もやりたい事のひとつでした。

読みたいと思って気になる本を買うのですが、読めずに積ん読に・・・

・忙しくてなかなか時間が取れない

・やっと時間が取れて読み始めても、数ページもしないうちに眠くなってしまう

・眠くならない時は一気に読んでしまいたくて、睡眠時間を削ってしまい翌日がしんどくなる(小説の場合は特に!)

という、わたしは読書もうまくできない困ったさんです(笑)

 

そこでFeBeを使うと、運転中なのに読書ができるのです!

⭐︎通勤時間なので、読書の時間を無理なく確保できます。

⭐︎職場や家に着いた時点で強制終了するため、うまく時間を区切れるので翌日の負担になる事もありません。続きが気になって通勤が楽しみに♪

このように、読書についてのわたしの問題点もクリアできました。

 

まとめ

 【通勤時間を活用したい】+【読書したい】

→通勤時間にFeBeを使えば耳で読書できる

 

これもひとつの実験結果かな。

 

ちなみに今聴いているのはこちら。

スタンフォードの自分を変える教室』ケリー・マクゴニガル著

 人気あるみたいで、文庫にもなってるみたいですね。

内容は「意志力の科学」について書かれています。

これまで抽象的な概念として見られていた
「意志」の力についての考え方を根本的に変え、
実際の「行動」に大きな影響を与えてくれる本書、
目標を持つすべての人に読んでもらいたい一冊である。

精神論だけではなく「なぜそんな風に考えるのか・行動するのか」を心理学・経済学・神経科学・医学の視点を踏まえて解説してくれるので、とても面白いです。

何かを始めても続かないのには理由(脳の仕組み)があって、できないから自分はダメだと落ち込む必要はないと気づかされました。

 今後も日々「できない」を「できた!」に変える実験をしていく中で、読んでいてよかったと思える本でした。おすすめです!